常陸國總社宮

お知らせ お知らせ

ひたみち会設立十周年記念 新入会員 年会費無料キャンペーン

常陸國總社宮を守り神とする若い氏子青年が平成24年に設立した「氏子青年ひたみち会」。 70年ぶりとなる「禊場の復活」、夏越大祓の「茅の輪づくり」、新しい菊祭り「總社園遊会」の誕生・・・。 常陸國總社宮に新しい歴史の数々を誕生させてきたのは、ひたみち会の若い力です。 令和4年に設立10周年を迎えるひたみち会では、今年度に限り、新入会員の年会費を無料とする...
さらに読む

ひたみちのくにつものが春の装いになりました

「ひたみちのくにつもの」とは現代の生活スタイルに合わせてデザインされた新しい祈祷授与品です。 常陸国の中心地である常陸國總社宮から御札や御守、茨城県の豊かな素材が凝縮された授与品をお届けします。 ①授与所窓口で受け渡し(ご希望があればご昇殿可能)②ご郵送希望③贈り物(申込者と受取者が別)のご郵送希望など、詳しくはチラシや公式サイト内の専用ページをご確認く...
さらに読む

例大祭が「常陸國總社宮の獅子・山車・ささら行事」として石岡市指定無形民俗文化財に

2月23日に石岡プラザホテルにおいて、例大祭の神賑行事が「常陸國總社宮祭礼の獅子・山車・ささら行事」として石岡市の無形民俗文化財に指定されたことを記念する式典が行われました。これまで神社と例大祭に関しては、以下の要素が文化財に指定されておりましたが、全体の指定は今回が初めてとなります。 常陸国府跡(国指定史跡) 常陸総社文書(県指定有形文化財・古文書...
さらに読む

初代「芸術工(わざだくみ)」浅野暢晴さんの「いつもの祭り」が始まりました。

常陸國總社宮では令和4年から「芸術工(わざだくみ)」による「いつもの祭り~artist in holy residence~」を開始します。一人のアーティストが「芸術工」となり、一年間に渡って展示やワークショップを行う新たな試みです。 2月13日に初代芸術工として石岡市出身の芸術家・浅野暢晴さんの就任奉告祭を行い、一つ目の作品として「マスク・ド・トリッ...
さらに読む

令和4年節分追儺祭の実施について(令和4年1月31日現在)

令和4年茨城県内蔓延防止等重点措置適用、感染症拡大防止の対策を強化し、節分追儺祭の実施に関して下記のご案内を申し上げます。 (令和4年1月31日現在) 【全体】 ①祭典日が蔓延防止等重点措置の範囲内であるため感染防止対策を徹底、強化した上で実施する。 ②緊急事態宣言が発令される場合には別途対処法を検討する。 ③茨城県防災危機管理課の指導に従い「感染...
さらに読む

ページ上部へ戻る